【ダーツ】ボードに静音化対策をすれば、深夜でも投げ放題に!

家でもダーツができるように買ったダーツボード。

値段も3,000円ぐらいで、なおかつ点数計算もしてくれる優れモノ。

コスパ抜群で初心者に打ってつけな一品だが、最大の難点が一つ。

ダーツが刺さる音がめっちゃうるさいことである。

ティッシュ箱が落下したときぐらいの音とかいわれているが、わりと納得できるレベルなのが悲しい。

一軒家なら多少音がうるさくても問題ないが、私の住んでいるような上階のシャワー音で目が覚めるような壁の薄い賃貸マンションの場合、夜も気にせず投げ続けようものなら、お隣さんからのカチコミは避けられない。

というわけで、深夜でも気兼ねなく投げまくる為に、今回は手持ちのダーツボード(D.craft ダーツボード Electric Board)を静音化する数々の手段を講じてみようと思う。

 

 

静音化する方法

さっそく調べた結果、どうやら音がうるさい原因は刺さる面(セグメント)の裏が空洞になっているからっぽい。つまるところここに何かモノを詰めれば衝撃が殺されて静かになるといった感じ。

では、何を詰めれば良いか?

調べたところ、大きく分けて2つあった。

「スポンジ」「パテ(エアコン配管用)」だ。

スポンジとは皆さんご存知、食器を洗ったりするときに使用するもののこと。100円ショップとかでたくさん売ってる。

パテとは、一言でいうと固まらない粘土。主に配管と壁の隙間等を埋めるときに使用するもの。残念ながらこちらは100均では売ってないので、ホームセンターまで買いに行く必要がある。200gで100円程度。もちろんAmazonでも購入できる。固まるパテだと衝撃が吸収できないので、エアコン配管用以外を間違えて買わないように注意が必要。

 

スポンジを使用する場合

P1231619_R

■必要なもの

  • スポンジ(100均で5コ入りが売っている)
  • はさみ

 

■方法

  1. ダーツボードの裏面を外す
  2. セグメントの形にスポンジを切ってきっちり詰める。
  3. 裏面を元に戻す

総作業時間”40分”程度 (写真撮り忘れ・・・)

 

■やってみた結果

静音化を何も施してない場合に比べ“20%”ぐらい静かになった。正直やる前とあまり変わってなかったけど、メンタル上、静かになったと思い込むことにした。

ただ、スポンジをもっとキッチリ詰めればこれ以上に静音効果を得られることも可能だと思う。が、スポンジをセグメントの形に切るのがめんどくさすぎて妥協した結果、中途半端な効果になってしまった。

ただ、材料がとても入手しやすいので、静音化入門編的な意味ではオススメ。

 

パテ(エアコン配管用)を使用する場合

■必要なもの

  • パテ(エアコン配管用。1kgあれば足りる。500円ぐらい)
  • ウレタンシート(ラップとかでも可)
  • 薄いゴム手袋(パテをさわる時用)

 

■方法

  1. ダーツボードの裏面を外す
  2. セグメントの裏にパテを均一に詰める
  3. 裏蓋がくっつかないように詰めたパテの上にウレタンシート(ラップ)をのせる
  4. 裏面を元に戻す

総作業時間“1時間”程度

P1201616_R

こんな感じに均一に詰める。これでパテ1kg分

■やってみた結果

これの前に、スポンジを用いての静音化を図っていたのであまり効果に期待していなかった。(詰めるのをサボったのでスポンジ静音化の効果が低かった為)

しかし、ダメ元でパテを詰めて見たところ・・・

なんと絶大な静音効果を発揮した

何もしていない場合に比べて”80%”ぐらい静かになった。

静音化していないボードにダーツを投げた所、「ズバァァァァァァン」というティッシュ箱を落としたような音がしていたが、パテを詰めた結果、「トツッ」というしっとり系の上品な音を奏でるようになってしまった。まさに粘土に刺さってる感じ。

あまりに静かになったので、思わず笑った。

 

ohnigiri的まとめ

ダーツボードの静音化を図るなら、少し手間がかかるがスポンジよりもパテを詰める方が効果的にオススメである。

ここまで静かになれば、例え木造マンションであろうと、深夜にダーツを投げまくっても隣に音が響いて一触即発的なことはなくなると思う。

デメリットとしてはダーツボードが若干重くなることだが、静音化の効果に比べれば大した問題じゃぁない。

付け加えておくなら、パテを詰めるとセグメントを取り外すことができなくなるので注意。また、両面テープ(厚さ1.5~2mm程度)をセグメントの横の部分に張っておくと、ぐらつきを防いで更なる静音化を図ることができるので、余裕のある方はやっておくことをオススメする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。