セルフカット界の救世主!スキ率15%の「富士山シザー」なら素人でも絶対失敗しないよ!

どうも、セルフカットの鬼、ohnigiri(@ohnigiri7733)です。

いつのまにかセルフカット歴も5年になってしまいました。

なぜこんなに長い事セルフカットを続いているかと言いますと、やはり一番の理由は「自分で思い通りに切れる」ことかなぁと思います。ここまでくると、切ったときにストレス解消に近いものを感じたりもします。

そして自分で言うのもなんですが、僕、けっこうセルフカット上手です。

友人にも言いふらしてますが、下手くそと野次を飛ばされたこともありません。(影で言われているかもしれないというのはやめて・・・)

 

ちなみにみなさんは、セルフカットで上手に切れる理由って何だと思いますか?

技量ももちろんそうですが、僕の5年の経験から言うと、良いはさみを揃えてから一気に上手に切れるようになりました。

今回の記事では、そんな僕が5年に渡り愛用しているはさみをご紹介したいと思います。

 

セルフカットについて気になった方は下の記事をぜひ読んでみて下さい。

参考 誰にも言いたくなかったけど、実はセルフカットを5年続けてますohnigiri.com

 

セルフカット界の救世主「富士山シザー」

こちらが私が愛用している「富士山シザー」で、カットはさみとすきばさみの2丁セットになっています。

100円~1,000円そこらのはさみとは切れ味の次元が違うので、髪を切った時の音すら「ザク・・・ザク・・・」から、「スッ・・・スッ・・・」みたいな感じに変わります。まじで。

 

いつも自分で家族の散髪を行っていたのですが、この先も必要になると思いある程度の品をということでこのハサミを見つけました。市販のハサミが『ザザザっ』という感じなのに対し、『サササっ』といった感じでスムースにストレスなく切れます。スキバサミも大胆に刃を入れてもザックリ切れてしまわないので思い通りに切れます。(Amazonレビューより)

 

「富士山シザー 」のすごいところ

美容院仕様の切れ味

安物とは切れ味が全くの別次元なので、切った後の毛の断面がとてもキレイになり素人が切った感が激減します。

ほんとに「パツンッッ」って感じに切れるので、切っていてストレス解消にすらなるのがスゴイところ。

 

3~4年、100円ショップのすきバサミを使用していましたが、明らかに切れ味が違いました。100円ショップのすきバサミは、無理やり切ってる感があって、仕上がりも、毛が跳ねたり、毛先が痛んでる感が否めませんでしたが、このハサミは、本当に良く切れます。仕上がりも明らかに違いました。痛んでる感も全くありませんね。この値段で、高級感もありますし、大事に使えば何年ももちそうなので、お買い得だと思います。(Amazonレビューより)

もう、3年ほどセルフカットしてますが、早く出会いたかった。今までで、一番、髪型が綺麗にきまってます。(Amazonレビューより)

本当にプロのようです。切れ味がよく、デザインもイイです。ケースに入っていてプロになったようです。(Amazonレビューより)

 

カット率15%のセニングシザー

hasami2

この商品の最大の特徴になりますが、同価格帯のすきばさみでカット率が15%のものはこの商品以外には存在しません。

ちなみにカット率が15%ということは「1回はさみを閉じる度に、15%の量だけ髪が切れる」事をあらわします。

対して市販の一般的なすきバサミのカット率は驚きの約30~約40%で、桃鉄でいうスリの銀次なみにびっくりするぐらいごっそり持ってかれます。

自分で髪の毛を切ると素人感丸出しになってしまう原因は、実はこのカット率の差にあったんです。

 

刃が長く先端が細いカットシザー

hasami9

市販品に比べ刃が長く先端が細いので、前髪などの細かい処理を得意としています。

ホントによく切れるので、私はよく耳を一緒に切ってしまって流血事件を度々引き起こしています。

 

お手入れグッズ・ケース付属

hasami1

hasmai5

同梱品としては、

  • 潤滑油
  • セーム皮
  • 調整レンチ
が入っています。使用後のハサミの手入れも出来るので、長く使用することが可能です。

収納時はハサミをバンドでしっかり留めないと、ケースを空けた時に落ちてしまいますので注意が必要です。

ケース自体は可もなく不可もなくといったところです。ただ持ち運び自体はしやすいのでそれで充分かと思います。

 

 

他のすきばさみとの比較

せっかくなので手持ちのはさみと富士山シザーを比べてみました。

写真で並べてみると違いがよく分かります。

 

100均

hasmai18

hasami15
カット率で言ったら30%~40%ぐらいはある感じの刃です。やはり100均だけあって全体的に作りが荒いです。

 

GATSBY (ギャツビー) ヘアセルフカットセット

hasami13

hasami16

hasami19

100均のセニングシザーより作りはかなり良くなっているのが分かります。

ですがこれでもカット率は30%以上はあるので、自然な仕上がりを目指すには正直かなり厳しいと思います。

 

富士山シザー

hasami17

hasami8

hasami10

他のすきばさみと写真で見比べてみればカット率15%であることはもはや一目瞭然ですね。

各部の滑らかさなど細部の作りこみ自体がまるで違うことがよく分かるかと思います。

良い意味でたくさん切れないので、自然な仕上がりにすることもカンタンです。

 

他のカットはさみとの比較

すきばさみに続いてカットはさみの方も手持ちのはさみと比べてみました。

(100均のカットはさみは持ってなかったので、写せませんでした・・・。)

 

GATSBY (ギャツビー) ヘアセルフカットセット

hasami13

hasami20

切れ味はそれほど悪くないです。

ただ刃が小さいのが難点で、はしっこの処理がやりやすい反面、髪を切るという本来の用途では若干使いづらさを感じます。

 

富士山シザー

hasami9

hasami7

刃が大きく切れ味も鋭いので、とても扱いやすいです。セニングシザーと同じく細部の作りこみが違うことがこちらの写真でも分かります。

 

ohnigiri的まとめ

カットシザーよりもセニングシザーを中心に紹介した形になってしまいましたが、それは私がセニングシザーを超多用しすぎているからです。

カット率15%のセニングシザーなら切りすぎて失敗した!ということはまずありえません。

ただしはさみが良くても結局は自分の力量次第ですので、美容院と仕上がりが変わらないようなセルフカットを目指して頑張りましょう。

セルフカットについてもっと知りたい方は下の記事をぜひ読んでみて下さい。

参考 誰にも言いたくなかったけど、実はセルフカットを5年続けてますohnigiri.com

おしまい。

 

↑こちらがカット率15%

↑こちらがカット率20%

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。