【腕時計】セイコー・アテッサ・オシアナスを比較してみた【国産】

K0000594726

今回は、腕時計の話です。

ボーナスも入り、少し懐が温かくなっている今。前々から、時計を買い替えようと思っていたので、5万円~10万円あたりの腕時計でも買おう!と決断したのが、話の始まりです。

 

重視したポイント

腕時計を購入するにあたり、重視したポイントは次のようになっています。

 

【①軽量】

今の時計の何が不満かというと、一番は ”重い” ことです。

電車でつり革を握っていると、ずっしりきます。

重いだけで、毎日身に着けるのをためらってしまう程です。

 

【②時間が正確】

私は仕事用の腕時計を探していたので、1分ともズレないものを探していました。

1分でも、ズレるような腕時計なら、時刻を信用することができず、最終的には結局、正確な携帯等で時間を確認することになってしまうからです。

 

【③国産】

国内には非常に質の高い腕時計を作る、世界有数のメーカーが何社か存在します。

5万~10万の価格帯で、質の良い腕時計を購入するには、国産の腕時計が一番適しているかな?と考えていたからです。

やはり、日本人ですからね。日本の優れた腕時計を身に着けるのも悪くないと思います。

 

 

購入対象

以上のポイントを踏まえて厳選し、購入対象として生き残ったものは次の3点となりました。

 

【①セイコー:ブライツ SAGA167】

SAGA167

“ブライツ SAGA167″公式サイト

やはり、時計といえばセイコーが一番に頭に浮かびました。数あるラインナップの中でもの人気の高いブライツシリーズです。

その中でも、クロノグラフでありながらシンプルであるこのモデルを選択しました。

 

 

 

【②シチズン:アテッサ AT8040-57E】

 

at8040-57e_l01

“アテッサ AT8040-57E”公式サイト

シチズンのアテッサといえば、ブライツと並び非常に人気のあるモデルだそうです。

私はクロノグラフが好きなのですが、左右と下に時計版が配置されているものはあまり好きではないので、このモデルを選択しました。

 

 

 

【③カシオ:オシアナス OCW-T2500-1AJF】

 

K0000594726

“オシアナス OCW-T2500-1AJF”公式サイト

 

これまた、ブライツ・アテッサと並び人気の高いモデル。オシアナスならではの上品なの色使いがステキなモデルです。

中でも、これはがかなり控えめなモデルで、色を前面に押し出していないところが気に入りました。

 

 

機能の比較

続きまして、お次は各腕時計の機能の比較です。

 

【①セイコー:ブライツ SAGA167】

SAGA167 セイコー

アテッサ、オシアナスと比べてステンレス製なので、重さがかなりあります。これを重いとみるか、重厚感があるとみるか、それは人それぞれなのでしょう。

 

 

 

【②シチズン:アテッサ AT8040-57E】

 

at8040-57e_l01 シチズン

こちらはチタン製なので、重さがなんと ”84g”ブライツの約半分です。軽すぎて、おもちゃみたいだと思ってしまう程でした。

他腕時計と変わっている特徴として、バンドにフィットアジャスター機能(バンドの長さを工具なしで少しだけ調整できる)があるということです。

 

 

【③カシオ:オシアナス OCW-T2500-1AJF】

K0000594726 オシアナス

こちらもチタン製ですので、重さが94gに抑えられています。大まかにいえば機能は大体同じようにみえます。

 

 

結論:どれも良い

ヨドバシカメラに通い続けること約一か月。何度も、試しに装着してみて悩みに悩んだ結果、どうやらシチズンのアテッサが自分には合っているような気がしてきた。やっぱり軽さに代えられるものはなかった。電波時計といえばシチズンが一歩先に進んでいるメーカーとのこと。

 

デザイン的にはこちらのブラックのモデルの方も捨てがたいのだが

どんな場にも合わせることができる、シルバーにしておくのが無難か・・・?

いや、でもオシアナスのデザインも捨てがたい・・・。セイコーの作りも天下一品だし・・・。

まだまだ、ヨドバシに通うのは続きそうである。

 

2016年11月30日追記

悩みに悩んで買っちゃいました!購入後レビューはこちら↓

【購入後レビュー】シチズンのアテッサは2本目にベストな腕時計

2016.11.30
K0000594726

コメントする