記事更新! ⇒⇒⇒ 「大流行!!偽Appleのフィッシングメールに引っ掛かって個人情報を根こそぎ持ってかれた件」

“SHOEI GT-Air”購入後レビュー 長距離ツーリング行くならこれしかねぇ!

相変わらずじめじめした夏が続いております。どうもohnigiri(@ohnigiri7733)です。

6月に出た夏のボーナスの使い道を、考えに考え込んで早2か月。

旅行に行く時間はないし、買いたい物も特にないし・・・

あ、そういえば、バイクのヘルメット、ジェットしか持ってなかったな。

これを期にごっついヘルメットでも買ってくるか・・・?

 

ということで、善は急げ。買ってきました、フルフェイス。

ものはコイツ。

なにかな、なにかな~

じゃじゃーん。

ヘルメットの二大ブランド、SHOEIの”GT-Air”だ!

爆売れしている人気ヘルメットで、その人気に恥じない機能をたくさん持ってるそう。

今回は購入後レビューという事で、その有する機能に注目して写真多めでご紹介したいと思います。

 

各種機能

サンバイザー内蔵

ヘルメット内部の機構に、サンバイザーが組み込んであります。

写真みづれーな、オイ。

このつまみのようなものを前後にスライドさせることで、サンバイザーを開けたり閉めたりできます。

これの何が便利かって、トンネルに入った時や、周りが暗くなった時とかにバイクを運転しながら、サンバイザーを外す事ができるということ。

サングラスを着けている場合はそうはいきません。

ただ僕自身、運転中にサングラス着けない派だったので、正直機能的にはどっちでも良かったんだけども。笑

では、なぜサンバイザー付きを選んだか?

それは・・・カッコイイからだ!!

僕の美しくも儚げな顔は、サンバイザーをおろすことで、途端にハードボイルドと化すことができるのだ。

ちなみにサンバイザーをおろさないとこんな感じ↓

 

ピンロック標準装備でシールドが曇らない

ヘルメットを買うとピンロックシールドが一緒に付属されてきます。

ピンロックと聞いて、ピンとくる人もいるかもしれません。要するに二重シールドです。

コイツがあれば、寒い時期にでもシールドが曇ることがなくなるので、めっちゃ便利です。

 

見た目的にも特に違和感はなく、良い感じ。

 

 

涼しい

なんていうかこう・・・被っていると風の流れを感じます。

こっから口元に風が入り込む

そしてここからライダーの蒸れた頭頂部に新風を巻き起こす

そして排出

エアインテークから、うまいこと風を取り込んでいるみたいで、時速40kmぐらいから何か風を感じます。

もちろんジェットには負けますが、フルフェイスとしてはけっこう頑張っているのではないかなと思います。

 

顎ひものつけ外しが楽

GT-AirのヒモはAraiのフルフェイスによく見られるDリングのヒモではなく、バックルを差し込んで止める感じのヒモになっています。

ワンタッチでつけ外しが行えるので、控えめに言ってもめっちゃです。良いシステムです。

 

スピーカーを埋め込むスペースがある

いまやバイク乗りもハイテクの時代。インカムで会話しながらツーリングを楽しんでいるライダーも珍しくありません。

GT-Airには、なんとそんなインカムなどのスピーカーを埋め込むスペースがあらかじめ設計されています。

内装のパッドを外せば、丁度スピーカーが収まる空間が顔を出します。

スッキリ収めることができるので、使用の予定がある人は覚えておくと良いですね。

 

気になるところ

サンバイザーの分、大きくて重い

サンバイザーを内蔵している分、他のヘルメットと比較して前後の大きさが長くなってます。また、若干重いです。

ほんとにサンバイザーが不要な方は、同じくSHOEIが販売しているZー7を選択肢に含めても良いかもしれません。

[amazonjs asin=”B00IFT8R5S” locale=”JP” title=”ショウエイ(SHOEI) バイクヘルメット フルフェイス Z-7 マットブラック M(57cm)”]

 

顎ヒモが喉に食い込む

先ほど紹介した顎ヒモですが、閉めるとやけに喉元に食い込みます。食い込むので、顔を動かした時たまに苦しさを感じます。

ただ、コレは私の調整不足なような気がします。ヒモの長さを調節すれば解消できると思うので。

 

ohnigiri的まとめ

初めて買ったフルフェイスですが、思ったより高機能で、さすがSHOEI、高い金を出すだけはあるな!って感じでした。

一通りの快適性機能を非常に高い水準で備えているので、長距離ツーリングがメインの方には特にオススメです。

私が購入したのはマットブラックでしたが、その他にも色んなカラーやパターンが揃ってるので、どんなバイクや服装にも合わせることができると思います。

 

最後に購入先ですが、サイズだけ測って、通販で購入しようとしている人はちょっと待って下さい!

若干高いですが、バイク用品店で購入すれば無料で内装を交換してくれたりと快適性を高める様々なサービスを受けれるので、ヘルメットを被っていて頭が痛くなった経験がある方はバイク用品店で購入することをオススメします。

 

【バイク】ちょっと待った!ヘルメットを通販で買う前に知っておいて欲しいことがある

 

また何キロか走行後、使用感についてレビューさせて頂こうと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。