【2021年更新】Amazonで買ってよかったおすすめ商品まとめ34選!

同棲におすすめな部屋の間取りについて、同棲生活3年の経験から語ります!

4 min

どうも、同棲の神ohnigiriです。

同棲をはじめるときに迷うこととして

「どんな部屋に住めば良いのかな・・・?」というのがあると思います。

僕も同棲生活をはじめる前は、不動産屋さんをまわりまくって、めちゃくちゃ調べた記憶があります。

とはいえ、調べてみたところで、そもそも1LDKとか2LDKだとかいろんな間取りがあってどれが良いのか分からなくなってしまいますよね。

そこでこの記事では、同棲生活3年の僕目線で、どんな間取りの部屋が同棲にオススメなのか、ご説明できればと思います。

具体的には、

  • それぞれの間取りについて(1LDK・2LDK・1K)
  • 間取り毎のオススメについて

の順番に紹介していきたいと思います。

1度引越ししてしまうとなかなか再引越しは難しいものなので、ご一読してみてください!

同棲におすすめな部屋の間取りについて:まず、どんな間取りがあるか知ろう

本題に入る前に、ざっと情報をおさらいしときましょう。

今の世の中で2人暮らしに主流な間取りは大きく分けて、

  • 1LDK
  • 2LDK
  • 1K

の3つになります。

  • L   → リビング
  • D   → ダイニング(食事するところ)
  • K   → キッチン
  • 数字 → L・D・K・トイレ・風呂を除いた部屋数

と覚えてもらえればOKです。

つまり2LDKなら、リビングダイニングキッチン+2部屋ということで、2人暮らしに主流の間取りの中では1番広い間取りということをあらわしています!

バランスの取れた1LDK

リビング1つに部屋1つといったバランスの取れた間取りです。

1人で住むには広いけど、2人で住むならまぁまぁかな、といった感じです。

寝室とリビングを分けれるので、メリハリの効いた生活ができます。

とはいっても基本的にはリビングが生活の中心になるので、プライベート空間は少なめ。

家賃相場としては、

  • 1人で住むなら高め
  • 2人で半分ずつにするなら割安

といったところですね。攻守にバランスが取れているのが特徴です。

個人のプライベート空間確保な2LDK

リビング1つに部屋2つといった、かなりスペースに余裕のある間取りです。

リビング以外に部屋が2つあるので、彼氏と彼女とでお互いに部屋をもつことができます。

おかげでプライベート空間を確保することができるので、他の間取りに比べリラックスできると思います。

それぞれに部屋が必要ないなら、

  • 寝室
  • 物置

に分けてしまうのもオススメな、自由度の高い間取りになっています。

我が家の場合は1LDKだったので、物が収納しきれず、あふれかえっておりました・・・

ohnigiriの中の人

ohnigiriの中の人

ちなみに2DKとは2LDKからリビングを抜いた間取りになります。とはいっても実は部屋数に違いはなく、キッチン部分の広さが違うだけです。

2DKの間取り

同棲でもギリギリ住める1K

リビング1つに通路にキッチンといった、いわゆる1人暮らし向け物件です。

ですが、2人でもなんとか住めないことはないです。

部屋が1つしかないので、家にいる限りは何をしていても、もう1人と顔を合わせることになり、プライベート空間が全くないことが1番気になるポイントかも。

メリットとしては、家賃が今回紹介する主流な間取りの中では1番安い傾向にあるということ。

お互い割り切って節約志向でいくならば全然アリだと僕は思います!

同棲におすすめな部屋の間取りについて:一番ベストな間取りとは?

個人的な最強は1LDK

いきなり結論になっちゃいますが、個人的な最強は1LDKだと考えています。

一番の理由としては、家賃と生活のしやすさのバランスが取れていると感じるからです。

仮にケンカしたとしても、リビングと寝室に分かれることができるので、顔を合わせたくないときでも避難場所を作ることができます。

また、2LDKほど家賃も高くなく、まだ収入が安定していない若い頃からでも、2人で分担して負担していけば無理なく生活することが可能です。

問題とすれば若干収納が不足するということです。特に服の収納場所は考えとかないといけません。

お金に余裕があるなら2LDK

お金に余裕がある・もしくは広い家に住みたい場合、2LDKも良い選択肢になります。

1LDKに比べて一部屋多く、個人毎の部屋が作れるので、完全なるプライベート空間がもてるようになります。

部屋にこもって勉強したいときや趣味に没頭したいときなど、なにかしら集中したい環境がもてるので、おうち快適度がかなりUPします。

個人部屋じゃなくても物置としても使えるので、かなり自由度が高いです。

ただし、

  • せっかく同棲しているのにそこまでプライベートを仕切る必要があるのか
  • 個人毎に部屋を作った場合、どちらの部屋で寝ることにするのか

なんていう細かい問題もでてきたりするけどね。

あと、1LDKとかに比べたら家賃もかなりお高くなりますので、そこらへんはお互いの収入バランスに相談となるかとは思います。

僕の場合、最初は2LDKで検討してたんだけど、

・家賃が高すぎる

・良い物件がなかった

ということで、最終的に1LDKに落ち着いたという経験がありました。

ohnigiriの中の人

ohnigiriの中の人

1Kは予算次第だけど、やめておこう

2人暮らしで1Kを選ぶ方は少ないとは思いますが、1Kはあまりオススできません。

同じ屋根の下で生活するとなると、週1回デートする時などには気づかなかったお互いの生活習慣が山ほどでてきます。

お互いに違う環境で成長してきているので、その生活習慣のささいな違いで意見がぶつかることも必ず多少なりとあります。

僕はもう、ぶつかりすぎて満身創痍です・・・。

ohnigiriの中の人

ohnigiriの中の人

それでもなんとか上手くやっていけてるのは、ケンカしたときでもお互いに頭の冷やせる環境があったからだと思います。

1Kだとそんなとき他の部屋がなく逃げ場がないので、かなり辛い思いをすることになります。

そうでなくとも、ずっと一緒だと息が詰まったりするときもありますもんね。ここらへんは人によるけど。

ただし家賃は2人に住むにしてはかなり安いので、生活費を抑えることができという大きいメリットもあります!

同棲におすすめな部屋の間取りについて:ohnigiri的まとめ「最強は1LDK、お金があるなら2LDK」

同棲と聞くと最初はワクワクしてノリと勢いでいろいろ決めちゃいますが、住む家に関しては生活の拠点になるかなり重要なことなので、何件か不動産家をめぐって探すことをオススメします。

1社だけでなく、複数まわってみると思ってもみない好条件の物件があったりします。

僕の場合、1件目の不動産屋でめちゃくちゃ悩みましたが、2件目にいったら超好条件の新築1LDKがあって一瞬で決めてしまったってこともありました。

そんなわけで、みなさんも楽しい同棲生活を過ごせるよう、参考にしてもらえれば嬉しいです。

おしまい!

関連記事