「私・僕・俺・自分?」今更ながらブログに最適な一人称について考えてみる

どうも、僕です。

そこそこ長い期間ブログを続けてるけど、一人称について深く考えてなかったことに気づく。

 

そこで、なんとなく過去の記事を見返してみました。

ら、

基本的には自分のブログでは「僕」を使っている記事が多いことが判明。

 

でも、もーっと古い記事も見返してみると、ブログ初期時代の一人称はなぜか「私」だったことも判明。

文体はふにゃふにゃしたふざけた記事なのに、なぜ一人称だけ「私」だったのか…?

今となっては分かりません。社会に出て丸くなってしまったのか。

 

というわけで今回の記事では、過去の尖っていた自分から今では随分丸くなってしまったことを悲しみつつ、ブログにおける一人称で一番ベストなのはなんぞや?ということを考えてみました。

 

このブログでの一人称は「僕」

冒頭でも書いたけど、このブログでの一人称は基本的には「僕」です。

気持ちが荒ぶったときには「俺」とか言い出すけど、基本的にはジェントルマンスタイルを貫き通します。

他のブログを見ていても、一番多い一人称がやっぱり「僕」だしね。

 

ちなみにブログでは「僕」ですが、日常生活においては基本的は「俺」です。オラオラ系です。

しかし、社会人生活では長い物には巻かれてしまう系なので、「私」「僕」しか使わなくなります。悲しい。

 

ということでまとめると、僕は状況に応じて「俺・私・僕」を使い分けているというスタイルです。

まぁ、おそらく、世間一般の多くの人がそういう感じなんだろうなとは思うけどね。

 

プライベートだと一人称は「俺」

ブログでの一人称は「僕」だけど、プライベートのような気を遣わない場面では「俺」になります。

 

普段から使っている一人称なので、一番自然な感じで使えるんだけど、

ブログでも「俺」とか連呼していたら「コイツなんだか偉そうだな…」とか思われてあえなく撃沈しそうなので、自重しています。

 

そういうワケもあって、このブログ内では「俺」ではなく「僕」を使っています。

「ボク」ではなく「僕」です。

ちょっと崩して「ボク」でも良いけど、個性派気取ってて生意気な感じがするので、大衆派の自分は「僕」で無難に社会生活を生き抜きます。

 

「私」は少し硬すぎる?

僕がブログを始めたのは大学1年生の頃でしたが、当時の記事を見返してみると

なぜか一人称は「私」になっていました。

年齢と内容のショボさを「私」でごまかそうとしていたのがよく分かりますね。笑

 

でも、今になっても「私」は少し硬すぎるんじゃないかなーって思います。

このブログは基本的にふざけているので「私」とかいってもなんの説得力もないしね。

それなら親近感のわく「僕」の方が適しているのではないかと思うワケです。

 

「自分」もけっこう好きだったりする

「僕」だけだとなんだかゲシュタルト崩壊しそうなので、たまに「自分」を混ぜたりしています。

「自分」っていうと誰のことを指しているのか分かり辛いので、使いにくい場面もあったりするけど、

僕よりも自然な感じがするので個人的にはけっこう好きです。

 

ohnigiri的まとめ「このブログの最適解は「僕」と「自分」を混ぜて使うのが最強だと思う!」

というわけで結論はというと、

「僕」と「自分」を混ぜて使うのが最強

という結論にたどり着きました。

なんだかんだ世間一般で多く使われている一人称の「僕」は、それなりに選ばれる理由があることが分かります。

 

でも、これはあくまで僕のブログの話。

 

文体や記事の内容によっては、それが合うブログと合わないブログもきっとあると思います。

一概に1つのやり方がないのが面白いトコロだとも思います。

 

自分のブログに一番ベストな一人称を、みなさんもこの機会に見つめなおしてはいかがでしょうか!

 

おしまい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。