茅乃舎だしを”ふりかけて”「かまたまうどん」を作ってみた。所要時間10分で高速昼ご飯が食べれちゃうぞ

最近メディアでも注目され、何かと世間を騒がせている「茅乃舎だし」

 

created by Rinker
茅乃舎
¥2,270 (2019/08/16 11:30:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

ご多分に漏れず、我が家でも常備して、出汁が必要な料理には必ずといっていいほど使用しています。

だしの素なんかの化学調味料では出せないような深い旨味が特徴で、しっかりした出汁が取れるので塩分もあまり必要ないと、まさに神のような出汁パック。

 

水の中に入れて加熱しながら出汁をとるのがメインの使い方ですが、

茅乃舎だしは旨味が半端ねぇので、ふつうに出汁を取るんじゃなくて、出汁の粉が入ったパックを破ってふりかけのようにも使えます。

 

というわけで、今回はふりかけのような使い方で超簡単にできるレシピ「かまたまうどん」を作ってみました。

所要時間は約10分。音速で作れるので料理がメンドクサイ土日の昼ご飯とかにもオススメです。

ちなみにこのレシピについては公式HPにも掲載してあります。っていうかむしろ、公式HPを見て作りました。

 

参考 だしかまたま|レシピ|久原本家通販サイト(公式)久原本家通販サイト(公式)

 

茅乃舎だしで「かまたまうどん」作り方

必要な食材

1食分に必要な食材はコチラ。

といっても、わざわざ用意するような食材はほとんどありません。

 

かまたまうどんに最低限必要な食材

  • 茅乃舎だし…1パック
  • うどん…1玉
  • 卵…1コ

 

以上です!!

醤油とか塩とか書いてなくて味付けが不安になりますが、そもそも茅乃舎だし自体に強烈な旨味と適度な塩分が含まれているので、そんなもん必要ありません。

もっと美味しく食べたいこだわり派の方はコチラも用意してみて下さい。

 

かまたまうどんがより美味しくなる食材

  • ねぎ
  • きざみ海苔
  • 天かす

 

作り方

作り方の手順はコチラ。見ての通り超簡単なので10分で完成します。

STEP.1
温泉卵を用意する
温泉卵と書いていますがコレは僕の完全なる好みです。別に黄身だけでもそのまま全部かけてもどっちでも良いです。
STEP.2
うどんを茹でる
コレをしないと始まらないので、とりあえずうどんを茹でましょう。特にこだわりは不要です。
STEP.3
湯で終わったうどんを湯切りする
湯切っておかないと味わい薄くなるので、ちゃちゃっとやっときましょう
STEP.4
うどんを丼に盛る
おもむろに湯切ったうどんを丼に盛りましょう
STEP.5
茅乃舎だしをふりかけ、卵や薬味を盛る
茅乃舎だしのパックを破って、丼に盛ったうどんにふりかけます。このとき用意した卵やネギとかの薬味もついでにONしときます
FINAL
完成!!
盛り付けが終わったら完成です!!てきとうにまぜまぜして食べてみて下さい。

 

ちなみに温泉卵を作るのは少しコツが要りますが、僕はいつもコレを利用して電子レンジで作ってます。

水を張ってレンジで3分、卵を設置してレンジでもう4分からの水で冷やせば、楽勝温泉卵の完成です。

 

created by Rinker
曙産業
¥1,111 (2019/08/16 11:30:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

茅乃舎だし「かまたまうどん」の味…カンタン超ウマイ!

公式HPより

見た目は「うどん」に「おかか」をふりかけただけに見えますが、味は全然違います。

10分で作れるのに味はめっちゃイケてます。

料理がメンドクサいけどお腹は空いているという困ったときに、最低うどん1玉あればすぐ食べれるので、お手軽メシのレシピとして大活躍してくれることでしょう。

 

うどん1玉だと少し足りないんだけど…

ohnigiri

ohnigiriの中の人

2玉茹でろや!!!

 

ohnigiri的まとめ「茅乃舎だし半端ないって!!!」

旨い出汁が取れるだけかと思いきや、ふりかけのようにも使える茅乃舎だし。

食べれる出汁なんてまさに一石二鳥。人気の秘密も分かるってもんです。

基本は出汁として使いつつ、たまには変化球としてこの「かまたまうどん」を試してみて下さい。

使い道のレパートリーがきっと増えることでしょう。

 

ちなみに茅乃舎だしを作っているメーカーは「久原本家」といいますが、

ここが販売している「あごだし醤油」も、超絶美味しかったりします。

 

created by Rinker
久原醤油
¥1,460 (2019/08/16 11:30:14時点 Amazon調べ-詳細)

 

でも注意!!

1度コレを使うと、もう普通の麺つゆでは「そうめん」や「うどん」が食べれなくなります。(ウマすぎて…。)

戻れなくなる覚悟ができる方には超オススメです。

 

ohnigiriの中の人

ちなみに僕はもう戻れなくなりました…。

 

おひたしとかにもバリバリ活用できる万能調味料なので、1度味わってみて下さい!

おしまい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。