【2021年更新】Amazonで買ってよかったおすすめ商品まとめ34選!

【サーモス(THERMOS)ソフトクーラー(REF-015)レビュー】ソフトなのに保冷力抜群!コスパぶっちぎりの保冷バッグ!

3 min

どうも、保冷バッグの神ohnigiriです。

何回もキャンプに行く度に欲しくなってくるのが保冷バッグ。

やっぱりキャンプ場ではキンキンに冷えたビールを飲みたいよね。

保冷バッグの種類には主に

  • ハードタイプ
  • ソフトタイプ

の2つがあります。

それぞれにも一長一短があるんだけど、今回はソフトタイプである「サーモス(THERMOS)ソフトクーラー(REF-015)」をレビューしていきます。

  • ソフトならではの収納力
  • ソフトなのに強力な保冷力
  • これだけの性能がありながら約2,000円(2019年9月購入時点)と驚きのコスパ

という、とりあえずこれ買っとけばOK的な保冷バッグです。

購入してからは必ずキャンプに持ちこんでいます。

何度もキャンプで使用した上で、感じたことを詳しくレビューしていきますので、気になった方は参考にしてみて下さい!

【サーモス ソフトクーラー】サーモスは水筒で有名な国産メーカー

サーモス(THERMOS)といえば真空断熱の水筒やタンブラーで有名な魔法瓶のパイオニアです。

なんとなく海外メーカーな感じがするブランド名ですが、実は国内メーカーだったりします。

保温保冷ならなんでもござれで、水筒やタンブラーの評判はどれもかなり高いものばかり。

そんなメーカーが作った保冷バッグなので、こちらも期待を裏切らない性能を持っています。

ohnigiri

ohnigiri

さすがに真空断熱ではないけどなw

【サーモス ソフトクーラー】ソフトなのに1日保てる保冷力

ソフトクーラーは一般的にハードタイプと比べて保冷力が劣るといわれています。

今回の「サーモス ソフトクーラー」も、どれだけ保冷力が保てるか?というのが1番気になるポイントですよね。

でも、そこはさすが魔法瓶のパイオニアでもあるサーモス。

夏のキャンプでも十分な保冷力を発揮できるような作りになっていました!

5層断熱構造

その保冷力の秘密の1つが5層断熱構造。

触った感じではとても5層もあるようには思えませんが、サーモスHPによると次のような仕組みになっているとのこと。

この5層断熱のおかげで、かなりの保冷効果があることが分かります。

ロゴスの保冷剤がピッタリはまる

保冷バッグというのは保冷剤と組み合わせてようやく本当の戦闘力を発揮できるというもの。

今回レビューしている容量20Lのものには、なぜかロゴス(LOGOS)の保冷剤「保冷剤 倍速凍結・氷点下パックXL」がピッタリはまるようになっています。

上部のメッシュの部分と底面に各1つずつの計2つ中に入れておくだけで、ビックリするぐらいの保冷力を発揮できます。

このために保冷剤が作られたとしか考えられないんだけど・・・

そもそも「保冷剤 倍速凍結・氷点下パックXL」自体の性能も高いので、掛け算でとんでもない戦闘力を叩き出すことが可能です。

ohnigiri

ohnigiri

仕組みとしては「カツカレー」と同じですね。

【サーモス ソフトクーラー】ソフトならではの柔軟な収納力

ソフトの良いところは生地がふにゃふにゃで柔軟性があるということ。

20リットルの容量があるので、たくさんの飲み物や食べ物が入ります。

量にもよりますが、だいたい2~3人ぐらいの食料を入れることが可能です。

具体的に言うと、サーモスいわく

  • 500mlのペットボトル19本
  • 2Lのペットボトル6本

ぐらい入るといわれています。

とはいえ、ソフトで柔らかいので、多少大きいものならムリヤリ突っ込むことができます。

ハードは自分の形より大きいものはどうやっても入らないので、そのあたりがソフトが優れているポイントですね。

そして、さらに優れているポイントしては使わないときは折りたたんでコンパクトにしておけるということ。

折りたたみようのゴムバンドも付属しているので、キャンプ中でも家に買ってからも、荷物を小さくしておけるのが良いところです。

【サーモス ソフトクーラー】きわめつけはコスパが抜群

これだけの高い保冷力と収納力をもちながら1番スゴイところ。

それはコスパがぶっちぎりに良い!ということです。

僕が購入した時点(2019年9月)では約1,900円ということもあり、すごく手が出しやすい値段になっております。

ロゴスの有名なハードタイプの保冷バッグ「ハイパー氷点下クーラー」は、Mサイズの容量12Lで6,750円というお値段(2021年1月30日時点)に対し、

created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥6,800 (2021/10/15 18:12:19時点 Amazon調べ-詳細)

今回レビューしている「サーモス ソフトクーラー」はそれより容量が大きい20Lにも関わらず、値段は約3分の1。

created by Rinker
サーモス(THERMOS)
¥2,091 (2021/10/15 20:14:44時点 Amazon調べ-詳細)

試しに保冷バッグを買ってみたいという人にもすごく買いやすいですね。

【サーモス ソフトクーラー】キャンプ以外の日常でも使えます

サーモス ソフトクーラー」はキャンプ専用かと思いきや、日常生活の中の買い物バッグとしても大活躍します。

  • ソフトで使わないときもコンパクトにしておける
  • 抜群の保冷力
  • 肩掛けもあるので重くても運びやすい

ハードタイプだと日常生活で使うには本気すぎるので、日常生活でも使いたいということなら、ソフトタイプ一択ですね。

僕の場合は、自宅から離れてところまで肉を買いにいった帰りによく使用してたりします。

【サーモス ソフトクーラー】ohnigiri的まとめ「最初の保冷バッグならこれ一択」

保冷バッグが欲しいなー。

というときは、とりあえず「サーモス ソフトクーラー」を買っておけば大丈夫!といえるぐらいの製品です。

キャンプで使わなくなったらスーパーの買い物バッグとして第2の舞台で活躍させて下さい。

サーモス ソフトクーラー」を使いながら、もっと強い保冷力が欲しいなーなんて思ったときに、ハードタイプの保冷バッグを検討していくのが良いと思います。

おしまい。

created by Rinker
サーモス(THERMOS)
¥2,091 (2021/10/15 20:14:44時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事